設計/試作Tips

機能

回路図の他、フローチャート、ネットワークダイアグラムなどがかっこよく描けます。インターネットへの接続が必要です。保存データ形式はXML。PNGやSVGに出力できます。

初期設定

  • ブラウザで、https://www.draw.io にアクセス
  • 作成した図の保存先(クラウド、ローカルドライブ(Device)など)を選択
  • Create New Diagramをクリック(新規作成の場合)
  • 作図の種類を選択(とりあえずは、Basic - Blank Diagram)して、Createをクリック
  • 作図画面が表示される
  • 回路図の場合は、以下の設定を行う(この設定はブラウザに保存される)
    • 左側部品欄の下、More Shapes... をクリック
    • Other - Electrical にチェックして、Applyをクリック
    • 電子部品のシンボルが部品欄に追加される

講義用シンボルライブラリ (2018.9.24更新)

  • 上のファイルをダウンロードして適当な場所に保存(クラウドストレージに置くと便利)
  • File - Open Library from - 保存した場所を指定
  • merl.xmlを選択して(チェックを入れて)開く
  • 左側部品欄にmerl.xmlのシンボルが表示される

基本操作

  • 部品欄からシンボルをシート上にドラッグして配置
    • よく使うシンボルは、左側のScratchpadに入れておくと便利
  • シンボル以外の図形は、部品欄のGeneralに入っている
  • ツールバーのWaypointsで線のパス形状を選択
  • シンボルの端子をドラッグして線を描く
    • 右側のFormat Panelで、線の始端と終端の形状を選択
    • ページ上をダブルクリックして、文字を入力する

図の保存(XML)

  • File - Save as...
    • ファイルネームを入力して、保存先をクリック
    • 保存先のパスはブラウザに依存

図のエクスポート(PNG. SVGなど)

  • File - Export as...
    • ファイルフォーマットを選択(Officeに貼り付ける場合はPNG)
    • Exportボタンをクリック
    • 保存先のパスは、ブラウザに依存
      • ページ上の図が描かれている範囲が保存される。2つの図に分けたい場合は、下部のタブを右クリック、Duplicateで複製して不要部分を削除する


添付ファイル: filemerl.xml 45件 [詳細]
トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-09-24 (月) 15:30:26 (53d)