短縮URL: http://bit.ly/2SMJdmF

2019年度

Hello VR-World, produced by 山本若菜


  • 概要
    256-1c.png
    256-2c.png
    チュートリアルのゲームクリア時に突如ウイルスが発生し、正常にプレイできなくなったという設定。シングルタップで弾を撃ち、ダブルタップでガードを展開する。また、長押しすることでポーズメニューが開ける。攻撃をしてくる敵を倒すごとにカメラの歪みや、 BGMが鳴らないなどの不具合が修正されていき、最終的に旗を持ったボスを倒すとクリアとなる。
    使用ツール:Unity 5.6.0f3, Blender 2.8, ペイント3D, PICO CHIPPER
    cam-s.png 256TestPlay.mp4

金大キャンパスストリートビュー, produced by 阿部良則


  • 概要
    203-1s.png
    203-2s.png
    Unity VR、および360度全天球型カメラの技術を用いて、金沢大学エリア内を紹介するためのストリートビューを作成した。 全天球モデル(warapuri氏, sphere100.fbx)を使用し、モデル内部に、Googleストリートビューを用いて撮影した360度写真を張り付けることでにより、実際の景色を再現している。表示には、スマートフォン用VRゴーグルを使用する。Google VR SDK3プラグインし、端末の傾きをジャイロセンサによって計測することにより、視線の移動を検出する。視線ポインターとオブジェクトの接触が規定の秒数に達したときに、シーンの移動が行われる。
    使用ツール:Unity 5.6.1f1, Googleストリートビュー, sphere100.fbx, Unity Remote 5
    cam-s.png ku_sv_a.mp4

スマホ版ハードコアFPS, produced by 出口博人


  • 概要
    234-1s.png
    234-2s.png
    プレイヤーは有限ライフであり、銃を持ってマップ内を自由に移動することができる。マップ内には敵が14 体存在し、プレイヤーを攻撃する。マウスによる視点操作とキーボードによる移動が可能。マップ内の敵を殲滅するか、脱出ポイントに到達することでゲームクリアとする。
    使用ツール:Unity 2018.4.14f1
    cam-s.png 18.56.29.03_d.mp4

FPS ZOMBIE, produced by 釜田翔伍


  • 概要
    305-1s.png
    305-2s.png
    FPSでゾンビを倒していくゲーム。EASY、NORMAL、HARDの3種類の難易度があり、それぞれ敵の攻撃のダメージ、HP、スコアが異なる。制限時間内にどれだけスコアを獲得できるかを競う。銃には、RayCast?を用いる。自分の残りの弾数と、弾の装填にかかる時間をバーで表現しており、一定時間が経過すると弾の数をすべて回復する。銃を撃つ際にエフェクトを追加することで 弾が当たった地点を分かりやすくし、よりリアルになるように工夫した。
    使用ツール:Unity 2018.4.14f1

スマホVRコントローラ, produced by 坂本竜一


  • 概要
    224-1s.png
    224-2s.png
    VR空間内を動く3Dアクションゲーム。スマートフォンをコントローラとして使用し、プレイヤーの動きをキャラクターの動きに反映させている。スマートフォンコントローラでは、GAME ROTATION VECTORセンサで進行方向のコントロールを行い、LINEAR ACCELERATIONセンサで足踏みとジャンプの判定を行い、Bluetoothでゲーム側に送信する。また、カメラの向きはヘッドセットの向きとする。ゲームは、各ステージの奥にあるゴールにたどりつくことでクリアとなる。それまでに棘のある敵にぶつかったり、敵の砲弾に当たったり、ステージから落下すると、ゲームオーバーとなる。
    使用ツール:Unity 2018.4.14f1, Android Studio 3.4.1

VR脱出ゲーム, produced by 矢納聖悟


  • 概要
    249-1s.png
    249-2s.png
    Flash「脱出ゲーム」を、主観視点で実行できる臨場感のあるVRゲームにすることを目指した。実装したギミックは、アイテム取得、引き出しの開閉、カメラ移動、金庫番号の入力、出口である。ある物体を一定時間見ることにより、何らかの操作を行うことができる。何が起こるかは、視線上のアイテムによって異なる。スクリプトに様々な関数を定義することにより 、ダイアログの変更や、カメラの切り替えなどの動作を簡単に実装することができるようにした。 こうすることで、プログラミングが簡単になり、オブジェクトの呼び出しを減らすことができると考えた。
    使用ツール:Unity 2019.2.15f1 (Bed & Bath Furniture Pack, Handpainted Keys, Lamp Model, Apartment Door), Unity Hub 2.2.2, Visual Studio 2019 Version 16.3.10
    cam-s.png D_VR_y.mp4


添付ファイル: filecam-s.png 17件 [詳細]
トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-02-25 (火) 19:56:37 (38d)