KiCadのメモ

Information
Visitor #13263
PCB layout 変換基板や小規模の回路モジュールなど、手書きの回路図を元に素早く回路基板を設計したいときはPCBEを使っていましたが、部品点数が多い場合は、回路図と配線パターンの自動照合や自動配線を使いたいということで、KiCadを使ってみます。

KiCadの良いところ

参考資料

公開設計データ

Contents

KiCadには、詳しいチュートリアルが付属しているので、それを一通り読めば使えるようになりますが、それも面倒だという人や、早く何か作ってみたいという人は、本ページの例を実施してみてください。

  1. インストール

    KiCAD 4

  2. 初期設定
  3. ライブラリの登録と解除
  4. 回路図の作成
  5. レイアウトの作成
  6. Gerber出力
  7. 付録:部品とフットプリントの作成
  8. 付録:自動配線
  9. 付録:面付け

    KiCAD 5

  10. 初期設定
  11. ライブラリの登録と解除
  12. 回路図の作成
  13. レイアウトの作成
  14. Gerber出力
  15. 付録:部品とフットプリントの作成
  16. 付録:面付け


Copyright: Akio Kitagawa, MeRL@Kanazawa Univ.

Mail Home