Androidアプリの開発環境

ここでは、Windows PCへの開発環境導入例を示しますが、他のOSでもほとんど同じです。

*Android Studioのインストール

Android Studioをインストールします。Android Studioは、Androidアプリの統合開発環境です。

  1. Android Studioのダウンロードサイト
  2. ダウンロードボタンをクリック
  3. 利用規約に同意して、ダウンロードボタンをクリック
  4. ダウンロードしたインストーラを実行する(デフォルト設定でインストールを進めて問題ない)
  5. インストールが終了し、前の環境設定を引き継ぐかどうか聞いてきた場合は、新しく環境設定して問題なければ、そのままOKボタンをクリック
  6. Setup Wizardが始まったら、Nextボタンをクリックして、設定を進める(全てデフォルト設定で問題ない)
  7. 設定が完了したら、メッセージを確認して、Finishボタンをクリック

*Android SDKのインストール

Androidアプリケーションの開発キット(Android SDK)をインストールします。Android のバージョン(APIレベル)によって、必要となるSDKが異なりますが、後で追加・削除できます。

  1. Android Studioを起動。初回は、環境設定に関する確認メッセージが出ることがあるが、デフォルトのままで進めて問題ない。起動したら、下の方の、Configureボタンをクリックし、ドロップダウンメニューから、SDK Managerを選択
  2. Settings for New ProjectsウインドウのSDK Platformsタブで、最新バージョンの他に、動作テストに使用する実機のAndroidバージョンを指定して、OKボタンをクリック
  3. 確認画面で、OKボタンをクリックすると、License Agreementが表示されるので、Acceptのラジオボタンをチェックして、Nextボタンをクリック
  4. SDKのインストールが終了したら、Finishボタンをクリック
  5. 再度、Android Studio初期画面のConfigureボタンのメニューから、SDK Managerを選択し、Settings for New Projectsウインドウを起動
  6. SDK Toolsタブ(下図)をクリック

    SDK manager

  7. この画面で、インストールされたツールの確認、各種ツールのインストールと削除ができる。とりあえず、次の項目にチェック

  8. OKボタンをクリック
  9. インストールが終了したら、FinishボタンでDefault Settings画面を終了


アプリの作成[2/2]

お問い合わせはこちらまで: kitagawa@is.t.kanazawa-u.ac.jp

© Kanazawa Univ., 2017